2019年冬季YCE海外派遣

60周年記念事業の一環としてYCE海外派遣学生を公募したところ、飛鳥学院から応募された男子学生(19歳)は、クラブ試験を経て9月1日の地区YCE派遣試験に合格されました。しかも、彼の第一希望国であるイタリアへの派遣も決まり、今後5回のオリエンテーションを経て12月中旬イタリアに出発します。

児童養護施設等の子供たちは経済的な理由などで、大学や専門学校への進学率は30・8%(昨年度)と、全体(73・8%)に比べ大幅に低いそうです。彼は現在大学生ですが、二つのアルバイトをして授業料等に当て、頑張っている勤労学生です。この海外派遣経験は彼の人生をより大きなものにすることでしょう。

YCE冬季派遣学生地区選考会

地区選考会の様子

カテゴリー: 青少年育成